診療案内

認知症とは



認知症とは65歳以上の方には6人に1人はみられるといわれています。
物忘れが徐々に目立ってくる際には、認知症の可能性があります。
認知症には嫉妬妄想や物盗られ妄想の目立つアルツハイマー型、小人など幻覚が見えると訴えたり身体の動かしにくさが目立つレビー小体型認知症、その他にも血管性認知症、前頭側頭型認知症など様々な種類が見られます。


症状


  • 昔のことは覚えているが、最近のことは忘れやすくなってしまう
  • ひとりで出かけた際に道に迷い自宅に帰れなくなってしまう
  • お金を盗まれたと家族を責める
  • 配偶者が浮気をしているのではないかと責める

治療


現時点での認知症の治療薬といわれるものは、基本的にアルツハイマー病に対するものとなります。
アルツハイマー病に対しては塩酸ドネペジルなど抗コリンエステラーゼ阻害薬が有効です。これらはあくまで対症療法となり、進行を緩やかにする手助けをします。
現状では認知症を根治できる薬物療法が存在せず、認知症への心理・社会的な治療アプローチを用いて認知症患者さんでも比較的保たれている長期記憶を生かしたり、一人ひとりの経験や思いを尊重することが必要となります。
またデイケアなどを用いて、日々の介護で心身ともに疲れきっている介護者の負担を減らす手助けをします。


お電話でのご予約はこちら(診療時間内であればいつでもお電話ください)

093-512-6667