診療案内

強迫性障害とは



強迫性障害とは強い不安やこだわりによって日常に支障が出る病気です。その不安やこだわりを自分でもつまらない事だとわかっていてもその事が頭から離れません。意思に反して頭に浮かんだ事がどうしても払いのけられない状態を【強迫観念】といい、ある行為をしないではいられない事を【強迫行為】と言います。この状態が少なくとも2週間以上ほぼ毎日続きます。
例をあげると戸締りやガスの元栓の確認を何度も行う、手や身の回りの物にバイ菌が付いているのではないかと必要以上に洗う、誰かを車で轢いてしまったのではないかと不安になり何度も同じ道に戻る、などご自身でも過度で不合理で馬鹿げた行動だと思いながらも行わずにはいられない状態の事です。


症状


  • 何度も手を洗う。ずっと手を洗っている。
  • 施錠、火の始末、ガスの元栓を何度も確認する
  • 財布の中を何度も確認する
  • 手順にこだわる
  • 物を溜め込む、捨てられない

治療


強迫性障害の治療には薬物療法と精神療法を行います。薬物療法ではセロトニンという神経伝達物質を神経と神経の間で増加させる働きのある薬を使います。このお薬は飲み始めてから効果を感じるまでに約2週間ほどかかりますので比較的短期で効果のあるその他の抗うつ薬や抗不安薬、抗精神薬などを一緒に使用する事もあります。
精神療法では「曝露反応妨害法」というものが代表的な治療法です。患者さんが強迫観念によりやらずにいられない行為を少しずつ我慢するという行動を繰り返しながらそれはやらなくても大丈夫だったという経験を重ねていきやがて強迫行為がなくなっていくという行動療法です。


お電話でのご予約はこちら(診療時間内であればいつでもお電話ください)

093-512-6667