診療案内

発達障害とは



発達障害には【自閉症スペクトラムASD】アスペルガー症候群を含むや【注意欠如多動性障害ADHD】などがあります。脳や神経系の先天的な要因によると考えられている障害ですが要因やメカニズムはまだはっきりと解明されていません。
【自閉症スペクトラム障害】は特定の事柄へのこだわりと対人コミュニケーションの障害が特徴です。自分の興味のある事、無い事がはっきりとしています。そのため他人とうまく関係が持てない、他人の気持ちがなかなか理解できない、人と感情を共有しにくい事があります。
また感覚的な刺激には過敏な反応を示したりします。(音や光)
生後1歳を過ぎた頃から症状が出始め言語や発達の遅れコミュニケーション障害、対人関係、社会性の障害、興味や活動の語りなどが見られます。
【注意欠陥多動性障害】は集中力の欠如、衝動性、多動性、多弁があるために他人からは落ち着きがない、空気を読まない人の様にとられることがあります。7歳までに症状が出るのが特徴でその年齢に見合わない行動が目立つ様になります。
「読む」「書く」「計算する」「話す」など特定の事柄のみに難しさを感じる事もあります。
成人のADHDの有病率は3.4%と報告されています。


症状


  • 自分のルールにこだわる
  • 不注意、忘れ物が多い
  • 時間、期限、約束を守れない
  • 興味、関心、活動がかたよる
  • 人の気持ちが理解しにくい

治療


早期に発見する事が重要です。生活環境をととのえていくことで本人が社会生活を送りやすい様にサポートが必要になります。完治させる事は難しいですが薬物療法では脳内ドーパミンやノルアドレナリンの伝達機能を強めるお薬が処方されます。
二次的な不安やうつ状態には抗不安薬や抗うつ薬を用います。


お電話でのご予約はこちら(診療時間内であればいつでもお電話ください)

093-512-6667